もう一度「ボーゲン」を見直そう


オリンピックで連日盛り上がっていますね。

羽生選手や小平選手らが金メダルの活躍を魅せてくれましたが、

私個人的にはアルペンスキーやフリースタイルスキー・スノーボードの種目にやはり見入ってしまいます。

ちょっとでも滑ったり跳んだりするのをかじっていると、

そのすごさがよくわかるというせいもあるでしょうね。

結構フリースタイル系の種目はショー的な要素も強いので、

面白さがもっと多くの人に伝わればなぁと思ってもいます。

さて、今回はスキーの基本「プルークボーゲン」についてのお話です。


スキーを始める時に一番最初にやるのがこの滑り方だと思いますが、

この滑り方は、左右の足に荷重をかける荷重移動の練習にとっても役立つのです。

先日、いつも一緒に練習している先輩(元スキーイントラ)と

スキーの技術論について話をしていて、

「多くのスキーヤーは、最初にボーゲンで左右の足にしっかり荷重をかけてターンをやるのに、

足を揃えて滑るようになった途端、振り子みたいな動きになってターンをするようになってしまうんだ」

とその先輩は言いました。

その振り子みたいな動きになってしまうと、荷重移動の要素が薄れてしまい、

バッジテストの2級・1級合格の足かせになってしまうという話でした。


振り子みたいな動きのターン

(内傾動作が入ってしまったターン)

このターンでは右足にしっかり荷重されてなく、

板もずれながらのターンになります。

そんな時にこそ、

もう一度プルークでしっかり雪を踏んでターンをする練習をするといいのだそうです。

コブでもそれは同じじゃないかなと思います。

小さい子供って、プルークでコブ斜面をしっかり降りていきますよね。


私自身も今はプルークでもコブを降りられますが、

コブが上手く滑れなかった時はプルークでもやはり上手く滑れませんでした。

コブ滑走は上記で言う「振り子みたいな滑り」ではすぐコブにはじかれてしまい、

片足でしっかり雪を押す動作がより必要になります。

スキー上達のためには、①まず板をしっかり踏める条件(姿勢)をつくり、

②その上でさらに左右交互に板を踏む動作を身につける。

これが練習中のミーティングで話した内容なのですが、

この2番目を確認・練習するのに最も基本となるのがプルークボーゲンだという訳です。

#スキースクールコブ初心者 #スキーボーゲン練習法

187回の閲覧0件のコメント