動作力.comのオフトレーニングをおすすめしたいスキーヤーその2


こんにちは、八巻です。

左右の微妙なターン差、体のゆがみや体の使い方の左右差によって生まれます。

本格競技を目指すアスリートにこそ、姿勢改善トレーニングは必要です。

動作力.comでは、冬にスキーのレッスンも行っておりますが、

私の本業はスポーツトレーナーなので、姿勢改善や筋力アップのトレーニングの指導がメインです。

それでもここに来て、本業の時間をゲレンデの方にシフトし、日曜にゲレンデでのレッスンをするようになったのは、

「姿勢のつくり方や、細かい正しい体の使い方まで教えてくれるスキーレッスン」が求められていると感じたためです。

今まで床の上のみで行っていた姿勢トレーニングを、

スキーを滑る前に一緒にやった方がよりわかりやすいだろうという事で、スキーのレッスンも行っています。

それでも、オフの時期に姿勢改善トレーニングをしておく事は、

決して無駄にはならないと思います。

特に、オフトレをしておいた方がいいという方をここで挙げておきます。

一つは、姿勢がすごく悪い方、体の動きの制限が多い方。

ゲレンデではとても直しきれないような姿勢の崩れが大きい方や、

スクワットが上手に出来ないという方などは、オフの時期に準備してからシーズンインした方がいいでしょう。

もう一つは、トップを目指すアスリートスキーヤーです。

トップデモの選手や、オリンピアンの姿勢や動作を見させていただいた事もありますが、

スキーの技術が高いスキーヤー程、体のゆがみが少なく、こちらが要求する姿勢や動作にもきちんと反応してきます。

スキーの動作を掌る、ベースとなる身体動作の能力が高いです。


人には利き手利き足があり、ほぼ左右で体にゆがみが多少なりとも出ます。

スキーはそんな中で、左右対称の動作が要求されますので、

左右の差を少しでも無くしておかないといけません。

大会上位・トップを目指すスキーヤーの方の場合、その少しのゆがみが、

順位の差につながる事も少なくありません。

ゆがみの状態を知り、その上でトレーニングを積むことが、

スキーを操作する体のパフォーマンスアップにつながるでしょう。細かい部分を修正出来るので、動作力.comの姿勢トレーニングは、大会で上位を目指すアスリートスキーヤーにこそおすすめなのかもしれません。


姿勢・動作改善の専門トレーナー・八巻としひでによるパーソナルトレーニングサービス。

​スキーの姿勢づくり・ゴルフ・テニスのスイング改善などのスポーツ上達・

肩こり腰痛・膝痛などカラダの悩み改善のためのトレーニングプログラムを提供。

​中央・総武線、東西線、大江戸線、西武新宿線各線から便利です。

#スキー上達 #テニス スイング改善 #ゴルフ スイング改善

#ランニング 外反母趾 #体幹強化トレーニング 

#肩こり改善 トレーニング ストレッチ #正しい筋力トレーニング 方法

#腰痛改善 トレーニング ストレッチ #バレエ 姿勢改善 #膝痛 トレーニング

​姿勢改善はカラダ改善の第一歩

TY Body Tune

​トレーニング指導拠点:

東京都中野区東中野5-10-6

体玄塾内(木・土・日)

お問い合わせ:090-7188-8785または、お問い合わせフォームで

(​上記連絡先への営業電話は一切対応いたしません)​​

Higashinakano-Nakano.Tokyo.Japan