動作力.comのオフトレーニングをおすすめしたいスキーヤーその2


こんにちは、八巻です。

左右の微妙なターン差、体のゆがみや体の使い方の左右差によって生まれます。

本格競技を目指すアスリートにこそ、姿勢改善トレーニングは必要です。

動作力.comでは、冬にスキーのレッスンも行っておりますが、

私の本業はスポーツトレーナーなので、姿勢改善や筋力アップのトレーニングの指導がメインです。

それでもここに来て、本業の時間をゲレンデの方にシフトし、日曜にゲレンデでのレッスンをするようになったのは、

「姿勢のつくり方や、細かい正しい体の使い方まで教えてくれるスキーレッスン」が求められていると感じたためです。

今まで床の上のみで行っていた姿勢トレーニングを、

スキーを滑る前に一緒にやった方がよりわかりやすいだろうという事で、スキーのレッスンも行っています。

それでも、オフの時期に姿勢改善トレーニングをしておく事は、

決して無駄にはならないと思います。

特に、オフトレをしておいた方がいいという方をここで挙げておきます。

一つは、姿勢がすごく悪い方、体の動きの制限が多い方。

ゲレンデではとても直しきれないような姿勢の崩れが大きい方や、

スクワットが上手に出来ないという方などは、オフの時期に準備してからシーズンインした方がいいでしょう。

もう一つは、トップを目指すアスリートスキーヤーです。

トップデモの選手や、オリンピアンの姿勢や動作を見させていただいた事もありますが、

スキーの技術が高いスキーヤー程、体のゆがみが少なく、こちらが要求する姿勢や動作にもきちんと反応してきます。

スキーの動作を掌る、ベースとなる身体動作の能力が高いです。


人には利き手利き足があり、ほぼ左右で体にゆがみが多少なりとも出ます。

スキーはそんな中で、左右対称の動作が要求されますので、

左右の差を少しでも無くしておかないといけません。

大会上位・トップを目指すスキーヤーの方の場合、その少しのゆがみが、

順位の差につながる事も少なくありません。

ゆがみの状態を知り、その上でトレーニングを積むことが、

スキーを操作する体のパフォーマンスアップにつながるでしょう。細かい部分を修正出来るので、動作力.comの姿勢トレーニングは、大会で上位を目指すアスリートスキーヤーにこそおすすめなのかもしれません。


40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Go To 姿勢・体質改善キャンペーン

こんな時だからこそ、始めてみましょう!姿勢・体質改善 10月より、無料の姿勢改善トレーニング体験会を実施いたします! 今お持ちのお体のお悩みを伺います。 姿勢や歩き方などの動作のチェックをし、お悩みの原因と その改善方法をアドバイスさせていただきます。 興味があるけど、どんな事をするのか不安だなという方も、 この機会に是非体験してみてください。 日頃の体に関するお悩みを、直接姿勢トレーナーにぶつけ