コブ克服と姿勢「普段からきちんと座ろう!」


コブを克服するためには、もちろん何度も滑って繰り返す事も大切ですが、

上達を阻害している原因をしっかり見極め、改善しないと同じ事の繰り返しになってしまいます。

滑っているうちにお尻が落ちてしまう・背中が丸まってしまう・・・

そんなクセがある方は、普段の姿勢に注目してみましょう。


普段座っている時、こんな風に背中が丸まりお尻が落ちている姿勢をしているなら

滑っている時にもこの姿勢は顔を出してしまいやすくなります。


コブ斜面では、吸収動作がありますので、

より大きく脚を曲げる動作が大きくなり、

座っている時のような姿勢に近づきます。

お尻が落ち、また脚が曲がる事でさらに落ち、

暴走・転倒をしてしまうのです。


まずは骨盤・上半身を起こして座る習慣をつけるようにしましょう。


それがこの姿勢の定着につながっていきます。


スキー上達は日常からです!


93回の閲覧0件のコメント