スキーが上達する、正しいスクワットの考え方


今回は、タイトルのとおり、

スキー上達に必要な動作をしっかり練習出来るスクワットの方法”をお話したいと思います。

これまでの記事でもお話しているように、

スキーに限らず、他のスポーツ動作・そして日常動作に至るまで、

股関節を正しく使える事は体にとってとても大きなメリットがあります。

今日お話する、スクワットですけど、

トレーニングに関心のある人で無くてもどんな運動か位は知っている、

有名なエクササイズですよね?


スクワット

足腰を鍛えるトレーニングと捉えている方・指導者がほとんどだと思います。

実際、そういう側面は強いでしょう。

でも、私の場合はそれ以外・それ以上に、

基本の全身運動としての要素や、股関節の機能運動としての要素をとても大事にしています。

スキーの滑走動作の中に、このスクワットの動作が丸々入っているので、

スキーヤーとしては、筋力トレーニングで脚の筋肉を鍛えるかどうか以前に、

正しく体を浮き沈みさせられるか・体をこの動作によって移動させられるか・

などをスクワットで出来るかを確認しておかなくてはなりません。

実際にスキーヤーのスクワットをみると、上手く股関節の曲げ伸ばしが出来ておらず、

それがスキー上達の阻害要因になっています。

スクワットは、股関節を曲げる・伸ばすがいかに正しく出来るかがポイントと言っていいでしょう。



大きく動いているのは、脚の関節です。

骨盤以上の上半身は、傾きこそ変わっているものの、形は変わっていません。

股関節を動作の支点にし、その上下は変わらずに動く。

これが股関節をスムーズに動かすための基本です。

これが出来れば、筋力アップの面でも前後のバランスがとれた良質の筋力がつきますので、

ストレングストレーニングでもこのようにやればいいのですが、

実際はこうやれていないケースも多々あります。

次回は、こんなスクワットの練習をしていると、

脚が太くなるだけだよ!というやり方をご紹介したいと思います。

上手く出来ているかわからない・上手く出来ない・・

という方は、体験レッスンもやっておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

メルマガ登録で、新着記事が自動で届きます。

冬のレッスン情報などもお届けします。

メルマガ登録はこちら


最新記事

すべて表示

イチローの凄さ

シアトル・マリナーズのイチロー選手が、マイナー契約を結び、 今季の開幕に向けて準備をしています。 現在45歳、 実は私同い年なので、唯一残った現役のプロ野球選手として、 少しでも長く続けて欲しいなと思っています。 キャンプでのフリーバッティングで、柵越えを連発して 衰え知らずの所を見せていますが、 イチロー選手が凄いと思うのは技術もそうですが、 ”体”ではないでしょうか? 歳と共に大きくなっていく

姿勢・動作改善の専門トレーナー・八巻としひでによるパーソナルトレーニングサービス。

​スキーの姿勢づくり・ゴルフ・テニスのスイング改善などのスポーツ上達・

肩こり腰痛・膝痛などカラダの悩み改善のためのトレーニングプログラムを提供。

​中央・総武線、東西線、大江戸線、西武新宿線各線から便利です。

#スキー上達 #テニス スイング改善 #ゴルフ スイング改善

#ランニング 外反母趾 #体幹強化トレーニング 

#肩こり改善 トレーニング ストレッチ #正しい筋力トレーニング 方法

#腰痛改善 トレーニング ストレッチ #バレエ 姿勢改善 #膝痛 トレーニング

​姿勢改善はカラダ改善の第一歩

TY Body Tune

​トレーニング指導拠点:

東京都中野区東中野5-10-6

体玄塾内(木・土・日)

お問い合わせ:090-7188-8785または、お問い合わせフォームで

(​上記連絡先への営業電話は一切対応いたしません)​​

Higashinakano-Nakano.Tokyo.Japan