正しい姿勢の定義って、何だろう?


”姿勢が悪いと、肩がこる”

”カラダのゆがみが、トラブルの原因”


そんなこんなで、姿勢改善が取り沙汰されている今日この頃ですが、


そもそも、「正しい姿勢」って、どういう姿勢を言うのでしょう?



いろいろな本などを見ると、人によってその定義があいまいなように感じますよね?



私も姿勢改善指導を10年以上していますが、

私が正しい姿勢を定義するなら、


「人間が本来持っている、骨格の形」


これが出来ている状態が、正しい姿勢だと言えるのではないかと考えています。




とりわけ、背骨が横から見たときにS字カーブを、

前から見たときに真っ直ぐになっているこの画像のような形になっていればいいのです。


しかし、人は2本足で立っているので、この形が崩れてくるのです。

重い頭や、胸郭(あばら骨です)が下に落ち、姿勢が崩れるのです。

(それが原因で、肩や腰などのまわりの筋肉が緊張し、

肩や首・腰がこる)




特に座って居る時に多いと思いますが、

背中が丸まりますよね?

これは、胸郭(あばら骨)が後下方に崩れていると、

私は定義しています。


すると、背骨も後へ崩れ、骨盤も必然的に後傾します。

これが姿勢が崩れる時のメカニズムです。

この崩れ方は、利き腕利き足によって左右差が出ます。

これが体のゆがみとなって表れます。



ですから、姿勢を直す=骨格を整える際に第一に考えるべきなのは、

落ちた部分を元の位置に戻すという事です。


肋骨を持ち上げるという事が、中でもポイントになるんじゃないかなと

特に最近は感じています。



骨格を整えるというと、すごく専門的な感じがして、

自分では出来ないものと思われるかもしれません。


でも、当トレーニングでは、ストレッチなどトレーナーによる手技もありますが、

ご自身で普段も出来るような方法を一緒に行っています。

お家で普段からする事がとても大事だからです。


それで、正しい骨格のあるべき位置を記憶させる事が大切なのです。


姿勢改善というのは、

これまで身についてしまった悪い姿勢を、リセットする事って考えればいいと思います。


癖を直すので、なかなか根気が要るんです。



#東中野パーソナルトレーニング #落合駅パーソナルトレーニング #姿勢改善パーソナルトレーニング #ゴルフスイング改善補習 #テニススイング補習 #ランニングフォーム改善 #歩き方改善パーソナルトレーニング #体幹トレーニング #ピラティス #カラダ調整体操 #肩こり改善ストレッチ #腰痛改善ストレッチ


70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示