体のゆがみを自覚しよう


姿勢を改善する時に、ある意味一番必要かもしれません。

「自分には、こんな体の癖・ゆがみがあるのだ」

という事を、自覚すること。

そもそも、自分には欠点が無いと思っていたら、

その欠点を直そうという気持ちはそもそも起こりません。

でも、その欠点て自分ではなかなか見つけられないものです。

姿勢も同じで、

自分の姿が見えないので、

なかなか自分自身で的確に体の癖を見抜く事は難しいのです。

ですから、第三者にチェックしてもらうのがいいのです。

姿勢改善で難しいのは、

自分の姿が見えないので、どうしても自分の姿勢を視覚ではなく、

「感覚」で調整しがちになってしまうところ。

感覚はどうしても昔の姿勢の感覚が強く残っていますから、

どうしても昔の悪い姿勢に知らず知らずに戻ってしまうのです。

クライアントさんにも定期的な姿勢のチェックに来ていただくようにしていますが、

悪い方へ戻っていないかなと点検をする意味合いが込められています。


#姿勢つくり方 #体のゆがみ改善

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示