肋骨ストレッチ ~姿勢を整えるための簡単ストレッチ~



前回、背骨を前後左右にフレキシブルに動かす

「脱力系体幹トレーニング」をご紹介しました。

これによって体の力を抜くことが目的ですが、

力を抜くため(特に関節の)には、骨格をきちんと積み上げて、

骨格が安定した状態をつくらなくてはなりません。


左のイラストの左側のような姿勢だと、

体が後へ崩れ落ちるのを防ぐため、

より支えるための筋力が必要になるので

体の力は抜けづらくなります。

左のような姿勢になるのは、

「体が下へつぶされた」からと考えましょう。

背骨が上からつぶされて、後もしくは前へ背骨が大きく湾曲します。


そのとき、胸部はどうなっているか・・?

背骨がつぶれて後へ曲がっている時、

胸郭(肋骨の部分です)の前側が縮み、

逆に反るようになっている時、

胸郭の後側が縮みます。

背骨の曲がり方と同じように胸郭も動きます。

縮んでしまったところは、

元の位置へと伸ばして引き戻す。

これが姿勢改善のポイントです。


肋骨ストレッチの方法は、動画でもご覧いただけますが、

ポイントは前後左右それぞれ、

・上へと体を引き伸ばす

・肋骨と肋骨の間を拡げるようにストレッチする

この2点をしっかりおさえてやってみてください。

#姿勢ストレッチ #動作力ストレッチ

210回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示