スキー上達のために必要なオフトレーニングとは? ~スキーの上達に筋力トレーニングは必要か?~



スポーツパフォーマンスを上げるため・上達のために、 筋力トレーニングは必要なのか?

1番有効なオフのトレーニング方法は?

今回はスキー編です。

スキーは板を踏むための筋力を上げるよりも、 もっと楽に板を踏めるようになる方法があります。

それは、

「足の上にしっかりと重心を載せる」こと。

スキーのレッスンでも、

「体を足の上に載せなさい」と言われると思います。

それはなぜかといえば、

「板を踏んで、雪面に圧を加えるため⇒板をコントロールするために必要だから」

です。



右のイラストの赤い印が総合重心点とすると、

ちょうどくるぶしの真上に来ています。

この場合、真下の足部にダイレクトに体重がかかります。

これが片足レベルで左右出来るようになったとき、

理想の荷重になります。

ターンに左右差がある方は、重心を載せるのが苦手な足があるという事になります。


左のイラストのような姿勢になると、

それぞれ前・後へ体が崩れているので、

全体重が真上から的確にかからなくなります。

さらに、骨格が崩れていると、

それ以上崩れないようにと体が緊張し、

体を支えるために筋肉を使ってしまいます。

ですから、

上のような理想の重心位置にある時に比べ、

荷重効率が悪い上に、

体力・筋肉の消耗も大きいのです。

スキーの上達に直接効果が出やすいオフトレ法は?

姿勢改善トレーニング>筋力トレーニング

「太ももの前が疲れる・・じゃあもっと筋力トレーニングをしなくては!」

と思って、筋力トレーニングをしても、トレーニングで鍛えた体力分はスタミナアップしますが、

やはり疲れるものは疲れます。

重心位置がいい状態には到底かないません。

重心位置を最適化する。

この作業は、板のコントロール性を大きく改善するだけでなく、無駄な力を使わずに済むので

省エネにもつながります。

上を目指す人はもちろん、ミドル・シニアがスキーを長く続けるためにもこの作業は欠かせないと思うのです。

#スキーオフトレ方法

62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示