スキーの癖は、歩きの癖


スキーのターン動作で左右に得手不得手がある・・・

例えば、左ターン(右足荷重)が苦手だという場合・・。

こういう場合、右足の荷重がしにくい=体を右足に載せる動作が特に苦手

ということになります。

歩くときには、

足だけ先に行くのではなく、

体を共に前へ進ませる事が必要です。


真ん中のように、

足を先に出してしまうと、

体が遅れて重心が後へ残ってしまいます。

スキーでこの状態になると、

板が暴走してしまいます。


スキーだと、こんな感じになりますね。

右足が先に出て、骨盤が遅れています。

私も含め、左ターン(右足荷重)の時にこうなりやすいのは、

利き足と関係があり、左足を軸に右足を前へ出す力が逆の場合に比べて強いために

骨格もこの動作にあったゆがみになっていきます。

そこをスキー中に矯正するのは難しいので、

普段から行った方がいいのです。

どう体を移動させれば、足の上に体を載せる癖がつくのか。

そんなお話を動画でもしていますので、ご覧ください。



183回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示