正しい姿勢って、どんな姿勢を言うの? 動作力.comブログ


正しい姿勢って、どんな姿勢?

体がゆがんでいたり、姿勢が悪かったりすると、 肩こりや腰痛の原因になったりするというのは、

いろいろなところで言われているので、 なんとなくご存知の方もいらっしゃると思います。

しかし、どんな姿勢が正しい姿勢なのか、 意外とあいまいになっているように感じます。 正しい姿勢って、どんな姿勢? 私が聞かれたら、こう答えます。

「背骨がS字カーブを正しく描いている状態が、正しい姿勢」


人の骨格を横から見ると、 背骨がSのカーブを描いているのが正しい骨格の形です。 上のイラストだと、一番左の形がそれです。 背骨は肩甲骨のあたりで後へ湾曲し、その後腰のところで前に湾曲します。 背骨は合計24個の椎骨という骨が積み上がって出来ています。 この積み上がりが崩れてしまう事で、体のさまざまな関節や筋肉などに負担がかかって、 コリや痛みへつながっていくのです。 いわゆる「骨盤のゆがみ」も、背骨の積み上がりが崩れると、一緒に崩れるのです。 骨盤のゆがみ=背骨の崩れと言ってもいいでしょう。

背骨の積み上がりを元の状態に戻すこと。 その作業が、姿勢改善の作業と言っていいでしょう。

姿勢改善とは、人が本来するべき形に戻すこと

いろいろなところで、姿勢について言われています。

言う人によってその定義が違っていたりしますが、 正しい姿勢というのは、

誰かが考えた特別なものではあってはいけないと思います。 ヒトが元々持っていて、こうするのが一番自然であるという形に戻す作業だと思うのです。 日常生活の中で崩れてしまったその形を、元に戻す。 姿勢改善とは、そういう事なのではないでしょうか? 多くの人は、日常生活の中で上のイラストでの真ん中・右の姿勢になりがちです。 左のような姿勢が、本来するべき姿勢であると、

まずは知るところからカラダ改善はスタートすると言ってもいいでしょう。 次回をお楽しみに。


38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イチローの凄さ

シアトル・マリナーズのイチロー選手が、マイナー契約を結び、 今季の開幕に向けて準備をしています。 現在45歳、 実は私同い年なので、唯一残った現役のプロ野球選手として、 少しでも長く続けて欲しいなと思っています。 キャンプでのフリーバッティングで、柵越えを連発して 衰え知らずの所を見せていますが、 イチロー選手が凄いと思うのは技術もそうですが、 ”体”ではないでしょうか? 歳と共に大きくなっていく