コブでは、脚を”サスペンション”のように


こんにちは。

今日は、コブを滑る時の、体の使い方についてのお話です。

このブログでもよく言っていますが、

スキーでは、ターン時に板で雪を踏む力が必要です。

コブを滑る時も同様で、

しっかりと踏めないと、コブにはじき飛ばされます。

先日、レッスンを受けていただいた方から言われた事・・

その方は、コブが一向に滑れるようにならないという事で

当レッスンを受けていただきました。

整地の滑りで「これではコブは滑れないな」とすぐ感じたのですが、

それは、「踏んでターン」が出来ていませんでした。

そこで、整地・コブの中問わず「踏む」事を一からやってもらいました。

すると、

「こんなにコブの中では力が必要なのですか・・」と、

今までの意識を覆された様子でした。

そんな風に、コブを滑る際の体の使い方の意識も、

滑れないと正しい感覚もわからないままになってしまいます。

それをわかる人が伝えてあげる事が出来るかが、大事な事です。

この、踏む動作と共に、コブ特有の体の使い方として

「吸収動作」があります。

コブの裏では脚が伸びて、コブを越える時に、曲がる。

これがコブの大きさによって大小繰り返されます。



この時の体の力の入り具合なのですが、

上半身は出来れば脱力していたいです。

そして脚ですが、

伸びている時はコブの裏・溝に向けて雪面を抑えにいきます。

したがって力が入ります。

逆に曲がっている時は、股関節から脱力します。

すると、コブによって板・脚が勝手に上に押し上げられます。

段差や凹凸によって動く車のサスペンションのように脚が動くようにします。

入力⇔脱力と交互に繰り返される事で、メリハリのある動きになります。


86回の閲覧0件のコメント